05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
右のランキング、ポチッとワンクリックお願いします! ⇒ にほんブログ村 子育てブログへ
      こちらも1日1回クリックお願いします!! ⇒ FC2ランキング!

TOPページはこちら お買い物はこちら
2009-06-18 (Thu)
久々の更新です。
こんなに更新しなかったのはブログを始めて以来初めて…

というのも訳がありまして。

ヒナが5月の末にまた発熱したんです。
熱は1日半くらいでさがったのだけど、その後に咳がすごく出たりして
また長引いてしまいました。
そして、発熱の時の症状でちょっと気になることがあり、
詳しく検査をしましょうということになったのです。(念のためにね。)

それで検査の結果が出るまではブログを自粛しようかなと思い、
更新せずにいたのです。
お友達のブログは読み逃げばかりでごめんなさい。
これからはまたぼちぼちマイペース更新していきます☆


さて、まずは検査結果ですが、脳波、MRI共に異常ナシでした。
念のための検査とはいえやっぱり結果が出るまでは心配だったので
一安心です。


そして検査に至る原因なのですが…
その日(熱が出た日)はいつものように午前中に近所の子育てサロンへ行きました。
昼過ぎに帰宅してすぐにヒナの様子がおかしくなったんです。

急に顔色は土色のようになり、目は血走りよだれをたらしさらに息遣いもおかしい。
体も自分では支えていられないような感じで…

息はしているけど、明らかにおかしく呼びかけにも反応しません。
意識がどこかに飛んでしまっているようでした。
慌てて救急車を呼びました。
救急隊員の人が到着した時には意識は戻っていました。
だからおかしかったのは多分2~3分だったと思います。
救急車の中で熱を計ると39℃。
大きな病院に搬送されとりあえず点滴、座薬の処置を受けました。

その後小児科の先生が来て話をしました。
あのおかしな症状は急な発熱によるものだろうけれど、
原因がよく分からないので検査をすることにしました。

後日、脳波、MRIと2つ検査をしたのですが、眠り薬を飲まされたり、
親としては見ているのが辛かったです…


結果的に検査では異常はなかったので、
あの症状の原因は熱性痙攣という診断でした。
でも、いわゆる一般的な痙攣、ひきつけの症状とは一致しなかったので、
検査をしたのですが、結局は熱性痙攣とのこと。
痙攣にも色々なパターンがあるそうです。

痙攣は1度で終わる子もいればそうでない子もいるそうです。
でも親としては1度で十分。
これからは痙攣が起きても多少は冷静に対処できるかもしれないけれど、
できればもう起こってほしくない、そんな気持ちです。


☆すっかり元気になったのでご安心を☆
IMG_2586.jpg
| 育児 | COM(8) | TB(0) |
右のランキング、ポチッとワンクリックお願いします! ⇒ にほんブログ村 子育てブログへ
      こちらも1日1回クリックお願いします!! ⇒ FC2ランキング!

TOPページはこちら お買い物はこちら







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。